RSSリーダー
絵本とiTunesな毎日 - イギリスとアイルランドの昔話・・三びきのこぶた
絵本や音楽,雑貨など かわいいものや癒されるものが大好き!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:スポンサー広告
  4. |
先日ふうまあちゃんの小学校に
市の絵本の会の方が読み聞かせに来てくださるというので
見学に行ってきたの。

5年生の方は妖精関係(レプラコーンなど)のお話を
読んでくださいました。
3年生の方はエルマーの冒険の紹介など。

その中での圧巻は読み聞かせではなく
素話(すばなし)!


みなさん,素話ってご存じですか?
そう,読み聞かせとは違って、
絵本等の道具を使わずに行う語り聞かせのことです。

目は絵本ではなく目の前にいる子供たちの顔を見ます。
語り口は時に優しく,
時にたたみかけるように激しく,
自由自在に変えながら。
子供たちと一体になって物語の世界に飛んでいっているような。

なんと素晴らしいのでしょう。

すっかり素話の魅力にとりつかれてしまいました。

その中のお話で「たまごのカラの酒つくり」というのがあって,
そのお話が載っている本がこちら。
イギリスとアイルランドの昔話
イギリスとアイルランドの昔話石井 桃子 J D バトン

おすすめ平均
stars子どもが夢中に
stars寝る前に読んで聞かせてほしい
stars子どもが本好きになる一冊
stars子どもを本好きにする一冊
stars原話の雰囲気を伝える名訳

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

迫力あっておもしろかったんですよ~
言葉のリズムがまたよいので,
読んでいる方も聞いている方もリズムが心地いい。

この本に入っているお話は・・・ 「ジャックと豆の木」や「三びきの子ブタ」などの有名なお話を含む
30話が入っています。

ただ,この「三びきの子ブタ」は皆さんがよく知っている
ぶーふうーうーが出てくるかわいいお話
(おおかみに吹き飛ばされる度に兄弟のところに逃げ込んでいく)
ではなく,1匹1匹その場で食べられていってしまうというお話。
まあ,これが原作なので本当の話はこちらなんですけどね。

この三びきの子ブタ,福音館のこどものとものお話がまさしくその原作ですよね。
三びきのこぶた
瀬田 貞二訳 / 山田 三郎画
福音館書店 (2001.12)
通常24時間以内に発送します。


弱いものは食べられるという現実というものを思い知らされます。
でも3番目のブタはそのおおかみを食べちゃうんですけどね


残酷な内容だから,
こどもに悪影響を及ぼす「教育的配慮」によって昔話は
内容を変えられてしまうことって多々ありますよね。
だからといって,
この絵本を読んでこどもが残酷になるということはないと思う。

大人とこどもうけとり方ってまた違うんですよね。

ぜひ一度読んでいただきたい本です。



え?ブタがおおかみを食べる?驚いた人も驚かなかった人も
ぽちっと応援お願いします
こちらもついでにぽちっとお願いですbanner2.gif


テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:本(絵本含む)
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:9
  6. |
コメント
私もこの絵本のお話の方が好きですね。
三びき目の豚とオオカミとの何度も繰り広げられる知恵比べみたいなのが好きです。
昔話は時に残酷なシーンもありますが、現実はハッピーエンドばかりではないということを子供たちに知ってもらうためにも、必要なことではないのかな、と思います。
消しゴムはんこお疲れ様でした。。。
  1. 2006/03/25(Sat) 09:12:12 |
  2. URL |
  3. 京女。 #-
  4. [ 編集]
京女。さん
まったく同感ですね。
それプラス,昔話のリズムみたいなのも好きです。
声に出して読むとまた違いますよね。
消しゴムはんこねぎらいのお言葉嬉しいです。
またがんばるぞ~v-218
  1. 2006/03/25(Sat) 14:17:20 |
  2. URL |
  3. ともちゃん #0VjAYkvw
  4. [ 編集]
そうなんですよね。
元々は、オオカミを食っちゃうんですよね。
今の形にしたのは、ディズニーだとか。
それまでは、ブタがオオカミを食ったらしいです。
小ずるいのは、ブタかなぁなんて、絵本を見て思いました。
(いっつも嘘ついて、オオカミを利用してるし^^;)

3匹のコブタをパロった話も面白いですよ。
ご存知かな~。
『三びきのコブタのほんとうの話』っていうんですけど。
詳しくは書いてませんが、http://kagamif.blog20.fc2.com/blog-entry-230.html
に感想書いてます。
  1. 2006/03/25(Sat) 16:32:38 |
  2. URL |
  3. 各務 史 #HRggnf8A
  4. [ 編集]
恐るべし「素話」!
「素話」面白そう!たぶんぼくは真剣に聞いて、ものすごくはまりそう。
以前に「朗読」を生で聞いたことがあり、場面が見えてきて鳥肌が立ったことがあります。
  1. 2006/03/25(Sat) 22:52:39 |
  2. URL |
  3. ぴよろー #-
  4. [ 編集]
各務史さん
早速ブログ読ませていただきました~
そのやりとりを読んでみたくなりますね~
なんといってもオオカミさんの言い訳っていうものを読んでみたくなる。
パロディーが原作を超すことだってありえますものね。
ま,もちろん,原作あってのパロディーなんですがね。
ほんとおもしろそう!
  1. 2006/03/26(Sun) 09:13:21 |
  2. URL |
  3. ともちゃん #0VjAYkvw
  4. [ 編集]
ぴよろーさん
そうなんですよね~
絵を見なくてもお話を聞いているだけで
情景が目の前にぱーっと広がることがありますよね。
そこが「素話」のすごいところだと思います。
いつかそういうことができたらと思っているのですが,
なかなかむずかしそうですe-350
  1. 2006/03/26(Sun) 09:47:16 |
  2. URL |
  3. ともちゃん #0VjAYkvw
  4. [ 編集]
語りはいいねえ
こんにちは。
語りは本来昔子守をしてたおばあちゃんが炉辺で孫たちに話して聞かせてた昔話や民話が多いですね。
だからけっこう年配の方の語りは情景がまざまざと映し出されて、味わい深いものがあります。
あったかみもありますので、子どもたちにはぜひ聞かせてあげたいものの一つですが、いざ自分がと思ってもなかなかうろ覚えの話では詰まってしまうので、ちゃんとあらすじをおぼえなきゃという必死さが出てしまって、そういうのって子どもにも伝わっちゃうので、難しいんですよね。
以前松居直さんの講演会で、おばあちゃんたちは昔自分が聞いた昔話を、頭に思い描きながら語るから情景がうまく出るって言われてましたよ。
  1. 2006/03/27(Mon) 15:45:22 |
  2. URL |
  3. ひろのしん #aJiwwryw
  4. [ 編集]
ひろのしんさん
そうなんですよね~
覚えるのが苦手な私としては
かえって緊張感がこどもたちに伝わってしまいそう。
でも,うまく話せたら,
それは読み聞かせの比ではないくらい一体感を味わえそうな・・・
いつかいつか挑戦してみたいです。
おばあちゃんになってからかな~e-454
  1. 2006/03/27(Mon) 22:47:59 |
  2. URL |
  3. ともちゃん #0VjAYkvw
  4. [ 編集]
おじゃまします
『イギリスとアイルランドの昔話』をググってたどりつきました。今日はこの本の「ミアッカどん」を素話してきました。コワイ話は子どもの食いつきが、またいつもと違います(笑)。
  1. 2006/09/21(Thu) 09:55:53 |
  2. URL |
  3. まーしゃ #-
  4. [ 編集]









:

トラックバックURL
http://ehontoongakudaisuki.blog41.fc2.com/tb.php/120-9fc0373b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。