RSSリーダー
絵本とiTunesな毎日 - モロクテ トウトイ タカラモノ
絵本や音楽,雑貨など かわいいものや癒されるものが大好き!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:スポンサー広告
  4. |

スクリーンショット(2011-05-28 15.49.10)
 



震災から2ヶ月以上経ち、
ここ2週間ほど、長男の同級生の葬儀が続いている。
こんなつらいことはない。
まだまだ生きていたかっただろうに。
これからだったのに。


遺影は、あの日あの時と変わらず、にっこりと微笑んでいて。
今にも声が聞こえてきそうな明るくて優しい笑顔。
残された家族、お父さんの気持ちを考えると
どんな言葉もかけることができなくて。


もう、こんな悲しい葬儀は嫌だなあ。


どんなにこわかっただろう。
どんなにくるしかっただろう。
津波が来る前まで、たしかに元気に生きていて、
死ぬことなど微塵も考えずに生活していたのに。
あっという間に津波はみんなの命を奪い去って行った。

不幸中の幸いは、ひとりで亡くなったのではなく、
どちらも最期はお母さんと一緒だったことか。



天国で息子はじめ部活のみんなや同級生たちを見守っていてね。
あなたたちの分まで頑張るから。



いま、このときを、生きていられることに感謝して生きよう。


家族揃って食卓を囲めることは
決して当たり前のことなんかではなく
いつ壊れるかわからないもろいもので、
ほんとうに貴重な宝物で。



今は、本当に、今しかなくて。
どんどんどんどん過去になって。



今を、毎日を、大切に、
生かされていることに感謝して、
その気持を積み重ねていって
未来につなげていけたらいいなあ。



そして、大切な人を大切にして守り、守られたい。



*ともちゃん*



テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:日記
  4. | コメント:7
  5. |
コメント
平凡な日常生活がおくれる事が
どんなに素晴らしいことか
青い空が見られることが
どんなにすてきなことか

ふうちゃんのお友達も
空の上からみんなを見ててくれるよ
おいらの分も生きてくれよ~~って

つらい日を通り越したら
平凡な日々では感じる事ができない
幸せが
いっぱいいっぱい待っているからね

わらわら母さんもいっぱい応援するからね
「ともちゃんがんばれ」
  1. 2011/05/28(Sat) 17:22:29 |
  2. URL |
  3. わらわら母さん #sSHoJftA
  4. [ 編集]
ともちゃん、こんにちは♪

未来のある子ども達を見送るのはとっても辛いね。

大切なお友達を見送る側の子ども達の心を思うと
本当に辛い・・・
今までバカ言って笑いあってた友達が
突然いなくなるんだもの。
頭で分かってても心が納得いかないよね。

奴らときたら生意気だし心配ばかりさせるし・・・
もう!!ホントに!!!って思うそんな毎日が
ほんとはとってもとっても幸せだって思うよ。

今はまだ心が疲れる日が多いかと思いますが
ちょこっとでも楽しい時間が増えていくといいね。

ツイッターの消しゴムはんことっても可愛い♪
密かな楽しみなのですが、ツイッター参戦できず・・・
う~ん・・・ガンバル・・・




  1. 2011/05/29(Sun) 12:28:11 |
  2. URL |
  3. booshino #-
  4. [ 編集]
こんにちは、ともちゃん
uriboも、長女の同級生を見送ったことがあります。。
uriboが高校卒業してすぐ、同級生を見送ったこともあります。。
あの時のやるせない思い、今でもはっきりと覚えてます。。
母親の悲しみが痛いほど伝わってきました。。
そのとき思った事は、この先何があろうと頑張って生きていこうと思った事。。
亡くなった友達の分まで、精一杯時間を無駄にしないで生きていこうと。。
 
ともちゃんの子供たちには、悲しみを乗り越えて
一回りも二回りも素敵な人生を生きていって貰いたいです。。
 
ともちゃん、無理だけはしないでね。。
疲れたら疲れたって言っていいんだよ。。
人生マイペース、ボチボチでも前進していけば良いと思う!
今日荷物送りました・・無事届くことを願ってます^^

  1. 2011/05/30(Mon) 17:21:55 |
  2. URL |
  3. uribo #G2UhpZEg
  4. [ 編集]
おひさしぶりです
ともちゃん!おひさしぶり。
blogにコメント頂いておきながら長らく放置してしまって御免ね。

今回の震災では言葉では言い切れないほどとっても、とっても辛い思いをしたことでしょう。
少し前に沿岸部にある親戚の家に行ってきたのだけどテレビで見る映像以上に現実は酷く、
心が締め付けられる思いでした。
正直、被害の少なかった地域の僕が気軽に「がんばって」なんて言うのも気が引けるけど。

やっぱり元気になってほしいから「がんばって!」って言葉しか浮かばないんだよね。
  1. 2011/05/30(Mon) 21:57:29 |
  2. URL |
  3. そら #-
  4. [ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/05/31(Tue) 15:45:07 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]
こんにちは。
当たり前にある日常が当たり前ではないってことに、今回ほど気づかされたことはありません。
御見送りをした、残された家族や親せき、知人友人のみなさまは、その母子の命の分まで必ず生きようという誓いをされたでしょうね。
ともちゃんの文を読んで、生かされている命に感謝するってこと、私もちゃんと考えます。
  1. 2011/06/01(Wed) 20:15:59 |
  2. URL |
  3. まつりか #-
  4. [ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2011/07/07(Thu) 21:55:11 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]









:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。