RSSリーダー
絵本とiTunesな毎日 - 手紙
絵本や音楽,雑貨など かわいいものや癒されるものが大好き!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:スポンサー広告
  4. |
やっと読み終わった。

手紙手紙
東野 圭吾

毎日新聞社 2003-03
売り上げランキング : 1411
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

映画化されることを知って、
映画を観てから読もうと我慢していたけど、
骨折してその機会が失われたし、
これは読むしかないでしょう!ということで

読んだ。

一気に読み終わって、放心状態。

最後の手紙を読む時には覚悟がいった。
(誰が誰に宛てて書いた手紙かは自分で見てね。)

本の半分からは病院で読んでいたのだが、
そこまでも涙で目がうるうるしてたので、
ここで泣きだしたりしないように、
ふーっと大きな溜め息をついてから、
目を本に戻し、手紙を読んだ。

涙を抑えるのに苦労した。
もう嗚咽しそうだった。


本を読んだ後もいろいろ考えている。


物語は犯罪を犯した加害者の家族に焦点を当てている。
弟思いの兄が犯した罪により苦しむ弟。
弟を思い、刑務所から手紙を書く兄。
その手紙のせいで弟が苦しんでいることを知らない。

被害者の心情を考えることはあっても、
加害者の家族の心情を深く考えることを
今まであまりしてなかった私はこの本を読んで
本当に考えさせられた。

犯罪を犯すということは、自分だけの問題ではない。
その家族まで社会的な死においやる。
そして、どこまでも付きまとう、犯罪者の家族というレッテル。

これを読んだら
簡単に悪いことなんて出来ないんじゃないかな。


読み終わった後も、はっきりした答えを出せずに
いろいろ思いを巡らしています。

映画観てないけど、(見れないけど)
まるで映画を観終わったような気持ちになったよ。

手紙の映画を観る予定がない人も、
手紙を観終わった人も、
是非読んで欲しい本です。


*ともちゃん*

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:本(絵本含む)
  4. | トラックバック:1
  5. | コメント:6
  6. |
コメント
なるほど・・・
いろいろ 考えさせられるのね
いろいろ 考えることときには必要だよね
とくに 私?
私は 映画にしておきます
  1. 2006/10/25(Wed) 09:39:52 |
  2. URL |
  3. ゆきひら #-
  4. [ 編集]
観てきて~
→ゆきひらさん

映画観てきてね~。
私の分もばっちり観てきてね~。
すごく心にずーんと来るよ。
  1. 2006/10/25(Wed) 16:27:28 |
  2. URL |
  3. ともちゃん #0VjAYkvw
  4. [ 編集]
こんにちは
ともちゃんの感想をみて、
何か無性に読みたくなりました。
て言うか、好きな人と共通の話題を・・・
って、さもしい考えだけどサ(爆)
そんな訳で、今度読んでみます。

(追伸)足の具合はいかがでしょうか?
痛くは無いですか?

  1. 2006/10/25(Wed) 21:11:53 |
  2. URL |
  3. 釣志(ちょうじ) #HCI4rwHI
  4. [ 編集]
ありがとう
→釣志さん

ありがとう。
まだちょっと痛みますが薬のおかげで
それほどは痛んでません。
熱も出なかったよ。
心配してくれてありがとう!

釣志さんと共通の話題!
うれしいな。早く一緒に語りたいな。
是非機会を作って読んでみて下さいね。
  1. 2006/10/25(Wed) 21:26:22 |
  2. URL |
  3. ともちゃん #0VjAYkvw
  4. [ 編集]
娘も待ってる関空から読み始めました
飛行機が遅れ長い時間待ったのですが苦にはなりませんでした 昨夜遅くまで読み終わりました・・・・
つらいですかなりつらいですね
私変な癖?凶悪な犯罪がニュースで流れると自分を加害者の身内に仮想して考えます(どうするだろう?)
社会奉仕の仕事をしながらしっそり暮らして行こうって・・
そんな時でもふっとした幸せはかんじるよなって(いいのだろうか・・・)
でも自分が加害者になった時子供たちが・・加害者の身内
これは考えたことがなかったです・・・つらいですね
心優しく生きて行こうねこれがこの本を読んで一番思ったことかなあ~ともちゃん本を紹介してくれてありがとう^^
  1. 2006/10/29(Sun) 09:56:36 |
  2. URL |
  3. わらわら #sSHoJftA
  4. [ 編集]
→わらわらさん

読み終わりましたか。
本当に辛いね。
自分が加害者なら、どんな罰にも耐えられる。
でも加害者の身内となると、
あまりの理不尽さに加害者の彼を憎みたくなるよね。
そして、世間の冷たさ。でもそれも一理あるよね。
本当に難しい。
うん。私も優しくありたい。
そしてそれは強さの上に成り立っているんだと思う。
ああ、わらわらさんと直接会って、
いろいろ語り合いたいくらいだわ~
ありがとう、わらわらさん。

  1. 2006/10/29(Sun) 10:06:37 |
  2. URL |
  3. ともちゃん #0VjAYkvw
  4. [ 編集]









:

トラックバックURL
http://ehontoongakudaisuki.blog41.fc2.com/tb.php/386-c154729a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ともちゃんお勧めの「手紙」(東野圭吾)を読んだ。前略 お元気ですか。そんな書き出しで始まる、獄中の兄・剛志からの手紙。「強盗殺人犯の弟」のレッテルにより、進学、夢、恋、仕事・・・ことごとく失う弟・直
  1. 2006.11.01(Wed) 11:59:40 |
  2. 波止釣り大好き♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。