RSSリーダー
絵本とiTunesな毎日 - ろくべえまってろよ
絵本や音楽,雑貨など かわいいものや癒されるものが大好き!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:スポンサー広告
  4. |
先日灰谷健次郎さんが亡くなった。

小さい頃、灰谷さんの『太陽の子』や『兎の眼』などを読み、
『せんせいけらいになれ』等子供に対する暖かいまなざしを感じ、
いろんな意味で影響を与えられた。

だから、
灰谷さんの作品はたくさん読んでいたはずなのに、
灰谷さんが初めて書いたというこの絵本に
私は気がつかなかった。

ろくべえまってろよ
ろくべえまってろよ


1匹の犬“ろくべえ”が穴に落ちてしまったことに
1年生の5人組が気付き、何とか助け出そうと
頑張るお話なんだけど。


20061127182200.jpgこんなふうにね、とっても深くて全然手が届かない。でもどうにかして助け出したい。

大人達に話してみても、無理だねえ とか、落ちたのが人間じゃなくて良かった
みたいなことを言って誰も助けようとしてくれない。

そこで子ども達みんなで
頭が痛くなるほど考えて出した結果は?



こどもたちがろくべえをほったらかしにせず
「ケチな」大人にめげずにみんなで力を合わせて
ろくべえを助け出した時は、
それまで心配してはらはらしていたまあちゃんも
「やったあ」と声をあげて喜んだよ。

全編通してドキドキハラハラの中
子供たちの勇気や優しさ、賢さなどがイキイキと描かれている。
落ちてしまった“ろくべえ”に
「まってろよ」と声をかける優しさに
心がぽかぽかしたよ。

そんなこどもに対して大人はどうだっただろう。

助けを求められた時
めんどくさそうに逃げてしまう大人ではなく
一緒に考えてあげられるような大人でありたい。
解決出来ないことであったとしても
一緒に悩み考えられる大人でありたい。

そんなことを考えさせられた。

灰谷さんらしい優しさあふれる絵本だった。
そして、長 新太さんの絵がとってもあたたかい。

灰谷さん、ありがとうございます。
これからも灰谷さんが遺された作品を
また一つ一つ読んでみたいと思います。


*ともちゃん*

  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:本(絵本含む)
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:16
  6. |
コメント
ご無沙汰してます
ご無沙汰しておりました。
ともちゃんお元気でしたか?

いや~、不規則生活が祟ったのかちょっと糸が切れちゃって無気力状態が続いてしまいましたv-39

そうそう、途中から見たのですが今、のだめカンタービレにハマっているんですよ。
今日のもさっき録画していたのを見たんですが面白かった=。冒頭の、のだめのキレ具合には圧巻です。
あ=、1話から見てるんだった~
  1. 2006/11/28(Tue) 02:19:31 |
  2. URL |
  3. そら #-
  4. [ 編集]
→そらさん

こんにちは~~
そらさんがきてくれてうれしいでしゅ~(のだめ風)
そらさんも元気になったでしゅか?
私はもう少しでギブスがはずれるのでドキドキしてます。

のだめおもしろいよね~。
のだめのキレ具合、そしてのだめのことをよく分かっている千秋様、
一生懸命な峰くん、
のだめに恋しちゃった感じの黒木くん、
みんないい味出してますよね~。
今度のスマスマにはのだめと千秋様が出るよ。
是非観てみてね~。
  1. 2006/11/28(Tue) 06:30:51 |
  2. URL |
  3. ともちゃん #0VjAYkvw
  4. [ 編集]
逃げない!
逃げないって、とっても難しいよね。
たまには逃げてもいいって、思ったりもするけど、
それだと、つまりはいつも逃げ回ることになるのかも…。
逃げない大人は、逃げない子どもがなるものです、たぶん。
かっこいい大人、子どもが憧れる大人になりたいけど…、
わたしじゃ無理そうだなぁ。
灰谷さんの作品には、逃げないかっこいい大人がたくさん出てきますよね。
  1. 2006/11/28(Tue) 06:39:36 |
  2. URL |
  3. 各務 史 #HRggnf8A
  4. [ 編集]
→史さん

私は子供の頃は逃げるような大人にはなりたくないと思っていたけど、
大人になったら、なんかちょっと逃げ方を覚えてしまったな。
ただ、子ども達が悩んでいることに対しては、
めんどくさいと言う理由だけで逃げたりはしないようにしたいと反省しちゃいました。
こどもの声に耳を傾けて一緒に悩んだり考えたり出来る親、大人でありたいな。
この絵本に出てくる大人は逃げちゃったけど、
灰谷さんの他の作品に出てくる逃げないかっこいい大人に、私はとっても憧れました。ふふふ。
  1. 2006/11/28(Tue) 07:11:52 |
  2. URL |
  3. ともちゃん #0VjAYkvw
  4. [ 編集]
nanae
ともちゃん、おはよ~♪
「ろくべえまってろよ」子どもと読んだのが今年の一月でした。記事を振り返ってみたら反応が薄かったみたい。息子にとっては助けてくれない大人はとても魅力がなかったようだよ。でも子ども達に自分を投影してみることができるようになれば・・・きっと面白さがわかってくれるはず。
もう一度一緒に読んでみようと思ってます。

でも私が記事を書いた一月時点で「ろくべえ・・・」はAMAZONに画像すら載っていなかったのに灰谷さんが亡くなったら・・・・。なんだかな、って感じです。ま、商売?だから仕方がないんだけどね。
  1. 2006/11/28(Tue) 08:52:13 |
  2. URL |
  3. nanae #06uPyeRg
  4. [ 編集]
こんにちは
むかし課題図書で太陽の子を読んだような気がするのですが、
今ではすっかり忘れています。
残念。
また、ゆっくりよみたいなあと思います。
あと、私もほんとにくまの学校シリーズ大好きなんです。
絵もとってもかわいいですよね。
  1. 2006/11/28(Tue) 11:28:34 |
  2. URL |
  3. 鈴木キママ #-
  4. [ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2006/11/28(Tue) 12:31:09 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]
こんにちは
不謹慎な言い方だけど、
どうでもいい人は長生きするのに、
今の時代にとって(私達にとって)
大切な人って、亡くなってしまうんだよネ・・・
  1. 2006/11/28(Tue) 13:55:15 |
  2. URL |
  3. 釣志(ちょうじ) #HCI4rwHI
  4. [ 編集]
小学生だったと思うけど「兎の眼」「太陽の子」はインパクト強かったなぁ。
子供が出来てからは「天の瞳」を何度か繰り返し読みました。
子育てする上で大切なことをたくさん教えられたり励まされたり。
大切なシリーズとなりました。この本は知らなかった。
長新太さんと灰谷さん、同じ匂いがしますねヽ(´▽`)/
  1. 2006/11/28(Tue) 14:59:30 |
  2. URL |
  3. kaze #Bpuf86dk
  4. [ 編集]
→nanaeさん

nanaeさん、こんばんは~♪
nanaeさんは一月に読んでいたのですね。
確かにこの大人達は魅力的じゃないよね。
ほんと、私はこういう大人だな。
でもこの絵本見て、かっこいい大人になりたいなって思ったよ。
そしてこどもたちがとってもかっこいい。
いい絵本を教えてくれてありがとうね。

亡くなると急に特集くんだりっていうのはよくあることだね。
なんだかな、って感じ、よくわかります。うん。
  1. 2006/11/29(Wed) 17:03:47 |
  2. URL |
  3. ともちゃん #0VjAYkvw
  4. [ 編集]
→鈴木キママさん

ああ、太陽の子が課題図書になったこと、あったかもしれませんね。
私もところどころしか覚えてないです。
もう一度あらためて読み直したいな。

くまのがっこうシリーズ、ほんと、かわいくてかわいくて。
鈴木キママさんもお気に入りなのがうれしい。
最近、消しゴムはんこっていうのもいいかも、とか思ってますよ。
  1. 2006/11/29(Wed) 17:08:31 |
  2. URL |
  3. ともちゃん #0VjAYkvw
  4. [ 編集]
→匿名さん

是非読んでみてね。
TBプラグイン表示したよ。
  1. 2006/11/29(Wed) 17:09:43 |
  2. URL |
  3. ともちゃん #0VjAYkvw
  4. [ 編集]
→釣志さん

うん。わかる気がします。

釣志さんは長生きしてね。
これからもずっとよろしくお願いしますね。
ストレスためないことが一番です。
愛する奥様やお子さんを愛し続け、
釣りや読書をたくさんしてね。
  1. 2006/11/29(Wed) 17:34:33 |
  2. URL |
  3. ともちゃん #0VjAYkvw
  4. [ 編集]
→kazeさん

「兎の眼」「太陽の子」インパクト強かったですよねえ。
なのに、所々しか思い出せない私v-406
でも、すごく大切なことを教えられたし
こどもに対する愛情が強く感じられた。そして、いろいろ考えさせられた。

ああ、私も思いましたよ!長新太さんと灰谷さん、何だか似てるのよね。
こどもの気持ちがわかる大人って感じかな。
こどもをありのまま受け入れる懐の深さを感じるよ。
  1. 2006/11/29(Wed) 17:46:48 |
  2. URL |
  3. ともちゃん #0VjAYkvw
  4. [ 編集]
遅ればせですが、TBよろしくです。
がーん!!ごめんごめん!まぁちゃんが知っている絵本でしたね。
  1. 2007/02/09(Fri) 11:42:29 |
  2. URL |
  3. こるく #-
  4. [ 編集]
→こるくさん

イヤだわ~、忘れてたでしょ~。v-392
私のブログ読んで、ろくべえ読んでみたいって言ってくれたこと。ぷぷぷ。
でもまあちゃんは、大好きなお話だったから、喜んでいたよ。
ありがとう。TBもありがとう。
  1. 2007/02/10(Sat) 11:36:25 |
  2. URL |
  3. ともちゃん #0VjAYkvw
  4. [ 編集]









:

トラックバックURL
http://ehontoongakudaisuki.blog41.fc2.com/tb.php/460-264c759a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。