RSSリーダー
絵本とiTunesな毎日 - スナフキン
絵本や音楽,雑貨など かわいいものや癒されるものが大好き!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:スポンサー広告
  4. |
スナフキン

彼は、ご存じの通り、
ムーミンの親友で、旅人であり詩人。

ムーミンの仲間のなかでは、
小さい頃からスナフキンが一番好きだ。

最近またムーミンの童話を読み始めた。

ムーミン谷の仲間たち (講談社文庫 や 16-3)

全部読み終わったら、また感想を書くね。

ムーミンのお話って、
子供向けというより、
むしろ大人向けのような気がするね。

哲学的なセリフも多く、ハッとさせられる。
何だかとっても奥が深い。

“すべての命あるものが自分らしく生きられる世界”

現実の世界もそうでありますように・・・


ともちゃん



テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:本(絵本含む)
  4. | コメント:20
  5. |
コメント
本は読んだことがありませんが

アニメのムーミンの登場人物?では
白くてひょろひょろしてるのが好きでした

てかアニメも小さかったので内容を覚えてない^^;

ニョロだっけ?ニョロニョロだったっけ
なんか、そんな名前だったような...

玉ねぎっぽい女の子は今思えばツンデレだったのでしょうか?
  1. 2008/02/01(Fri) 23:20:59 |
  2. URL |
  3. しすけん #-
  4. [ 編集]
ムーミンは…
初代のをリアルタイムで見ました。
その頃から、おちゃらけた楽しいだけのアニメとは、
違っていましたよね。
子どもにもそれは分かったくらいですから、
今になって見たら、また印象深いかも。
(原作を読めってか?)
雰囲気からして、神秘的なものがありましたっけ…。
全体的に哲学的だったな~。
登場人物の中で、確かにスナフキンって別格でしたね。
一人だけ大人というか、視点が違ってた気が。
ともちゃんさんのタイプ、うん、分かる気がします。^^
  1. 2008/02/02(Sat) 00:03:48 |
  2. URL |
  3. 各務 史 #HRggnf8A
  4. [ 編集]
私も好き~v
童話は英語のを持ってるし、日本語のを図書館で借りて読みました!…今から考えてみると、なんでそんな事をしたんだろう?

アニメも昭和と平成とで2種類あるんですよね。結構雰囲気が違うけど、両方に共通する事はスナフキンが素敵ってところ(笑)

しすけんさん>ニョロニョロで正解。玉ねぎっぽい女の子はミィと言って、スナフキンとは異父兄弟。しかも、スナフキンが弟です!

各務 史さん>スナフキンは筆者(トーベ・ヤンソン)が好きだった人をモデルにしたらしいですよ?だからあんなに素敵なんじゃないかと思います。

すみません、私もムーミン(スナフキン)が大好きなもので(苦笑)
もう一度読みたくなってきました
  1. 2008/02/02(Sat) 00:40:52 |
  2. URL |
  3. EL #-
  4. [ 編集]
→しすけんさん、史さん、ELさん

うっきゃあ~、ELさん、ありがとう!
しすけんさんと史さんの質問にさらっと答えるあたり、
とってもムーミンの世界に詳しいと見ましたよ。
嬉しくなっちゃうなあ。
またいろいろ教えてくださいね。

しすけんさん、
ニョロニョロ、可愛いですよねえ。
私、昔ニョロニョロが頭についているボールペン
持っていましたよ。
カチカチするとニョロニョロがダンスみたいに体を動かすヤツ。
あれどこにいったんだろう。懐かしいな。
ニョロニョロのこと、物語の中では、こう説明してあります。
「すこしほっそりして、すこしおくびょうで、
はっきりと世間にせなかをむけているいきもの。
それは半分危険な、とてもかわった、世すて人たちでした。」
子供の時にはそんなこと気づかなかったよ。

ミイは、ムーミン家の養女になったんですよ。
賢くておてんばで毒舌家。そうね、ツンデレだわね。うふふ。

史さん、私もリアルタイムだわ~~。うふふふ。
史さんわかる?嬉しすぎる。
スナフキンって別格だよねえ。
そうそう、一人だけ大人。
ちょっと達観しているというかいつも冷静というか。
また彼の魅力に気づいたら記事にしますね。
  1. 2008/02/02(Sat) 08:07:47 |
  2. URL |
  3. ともちゃん #0VjAYkvw
  4. [ 編集]
おはよう!
ともちゃんおはよヽ(´▽`)/
体調がイマイチだったようだけど、元気そうでよかったよ♪

ムーミンは多分リアルタイムで見てたはずだけど、内容はあまり
覚えてなくて。だけどミーにしてもスナフキンにしても強烈な個性を
発してたよね。ニョロニョロも!
なんかねー、あまり覚えてないくせにムーミンやムーミンパパ、スナフキン
ミー・・・みんなの声だけはすごくクリアに覚えてる。

独身の頃、私の車の後ろにはニョロニョロのぬいぐるみがたくさんいたよ(笑)
その後はトトロになって、今は…殺風景な車です。
年齢と共に車がどんどん単なる道具になっていく~(寂)
  1. 2008/02/02(Sat) 08:26:18 |
  2. URL |
  3. kaze #Bpuf86dk
  4. [ 編集]
→kazeさん

おはよう、kazeさん。
ありがとう!!御陰様で治ったよ~。

kazeさんもリアルタイムね。
私も子供の頃見てたよ。内容は・・ほんとだ、あんまりはっきり覚えてない。
でも、そうだね、声は覚えているよ。
不思議だねえ。
子供の頃でも他とはちょっと違った番組だったというのは覚えているけど、
大人になってから見るとまた感慨深いものがあるよ。
もうすでに私は童話の世界に入り込んでます。

ああ、車ねえ。わかるわかる。
私も若い頃(まだ車に乗っていた頃)ぬいぐるみおいてたよ、わりとたくさん。

まあ、それだけシンプルライフになっているってことだよ~。
いいことです(V^-°)イエイ!
  1. 2008/02/02(Sat) 08:34:16 |
  2. URL |
  3. ともちゃん #0VjAYkvw
  4. [ 編集]
だよねー、やっぱりスナフキンだよね♪
子供のころ見てたアニメがファンタジーでそのイメージが
強いけど、これシュールだよね。
トーべヤンソンの頭の中ってどんなになってるんだろう。
  1. 2008/02/02(Sat) 08:42:29 |
  2. URL |
  3. ゆずぴ #-
  4. [ 編集]
→ゆずぴさん

ね~、スナフキンいいよね。

そうそう!シュールなの。
トーベ・ヤンソンさんの言葉を引用すると、
「私の書く物語が他の誰かを対象にしているとすれば、
それは“スクルット”たちです。
“スクルット”とは、なんらかの環境になじめずに
苦しんでいるような人たち、社会のすみっこで
見捨てられているような人たちのことです」って。
幼少の時の思い出をもとにムーミンの物語を書かれたとのことだから、
読む人の寂しい気持ちや、孤独な思いにマッチして
共感できたり、救われたりするんだろうね。
  1. 2008/02/02(Sat) 09:06:00 |
  2. URL |
  3. ともちゃん #0VjAYkvw
  4. [ 編集]
ともちゃん久しぶりで~~す
「僕ムーミン こっち向いて♪」
ねぇ私も見ていただけど何歳かなぁ???

スナフキンさんうまいうまい^^
ギターも弾いていたよね
なんか~~いいよね
私にはないもの持っている

ムーミンの童話読みます
昨日は図書館「MOE」って雑誌借りてきました
ともちゃんのこと思い出しながら♪
  1. 2008/02/02(Sat) 10:27:11 |
  2. URL |
  3. わらわら母さん #sSHoJftA
  4. [ 編集]
→わらわら母さん

わ~~い!わらわら母さん!
お久しぶりです~~
元気してましたか。
なかなか遊びに行けなくてごめんね。

スナフキン上手?よかった~。
見ながら描いたんだけど、難しくて。
そうそう、ギターも弾いてた~。
さすらいのギターマンよ(爆)

うんうん、ぜひ読んでください。
ムーミンの童話。と言っても私もまだまだ見てないんだけど。
これから少しずつ読んでいく予定。
わあ!!「MOE」!!
私もこの「MOE」のムーミン特集持っているんですよ。
気に入った特集があると読んでいます。
わらわら母さんも読んでみてね。
ああ、嬉しいなあ。

  1. 2008/02/02(Sat) 11:52:15 |
  2. URL |
  3. ともちゃん #0VjAYkvw
  4. [ 編集]
きゃーっ(≧▽≦)!!
スナフキン大好き!!
だって理想の男性の一人がスナフキンだもん♪
スナフキングッズは一杯持ってるですよ^^
でもbooshnoの気に入る顔のが少ないので
かなり時間をかけて探します(´∀`)
友達からはミィに似てるって(性格)言われます・・・

昔のムーミンはノンノでしたよね?
いつの間にフローレンになったんだろう??
アニメでムーミンが人間と遭遇する話で
カバに間違えられて怒ってたのが面白かったですよ^^
スナフキン♪スナフキン♪超LOVE♪

皆さんとても詳しくてすごいです(≧∀≦)b
  1. 2008/02/02(Sat) 12:21:16 |
  2. URL |
  3. booshino #-
  4. [ 編集]
そう言えば、子供の頃『ムーミン』を観たのですが、
なんだか難しくて
(´・ω・`;)よくわからん・・・
ってなった事があります。(爆)
でもキャラクターは大好き♪
スナフキンって、ムーミンの親友なんですか!?
は、初めて知りました!
てか皆さんキャラクターの名前知りすぎっ(゚Д゚*)笑
  1. 2008/02/02(Sat) 14:08:41 |
  2. URL |
  3. あずき #-
  4. [ 編集]
ムーミン、ちゃんと見た事がないかも。
小さい頃に見た記憶が少しありますが、
ストーリーとか記憶がほとんどありません。
子供のおいらにわ理解できなかったのかも。
でもキャラクターわなんとなく知ってます。
ムーミンパパがパイプをくわえてるのを覚えてます。
あと杖を持ってた様な。
  1. 2008/02/02(Sat) 17:48:51 |
  2. URL |
  3. モヒロ #-
  4. [ 編集]
こんばんわ!
スナスキンって僕に似ていない?
孤独と自由を愛する・・・
アハハハハハ。。。
  1. 2008/02/02(Sat) 18:43:10 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]
ゴメン何故か名前が消えている。
(笑)
あっ、それからお茶目なスナスキンもね!
  1. 2008/02/02(Sat) 18:59:28 |
  2. URL |
  3. RYU #-
  4. [ 編集]
ゴメン~~何度も!
スナスキンじゃなくて
スナフキンだった・・・・
  1. 2008/02/02(Sat) 19:00:38 |
  2. URL |
  3. RYU #-
  4. [ 編集]
もちろん(??)私もフナフキンファン♪
一番好きですよ。
そうそう、ミィと「いとこ」と知った時は驚いたものでした!!
え!!!!性格違いすぎるじゃん!!って(笑)
でもミィはミムラとも性格違うし、まぁそんなものか、と。
一人だけど、でも孤独じゃなくて、ムーミンたちがいつも待っていてくれるから、春になってまたあえるのをムーミンもそしてスナフキンも楽しみにしているっていうのがいいよね。
昔何冊か読んだけど、もう一度読み返したい児童書ですね。
結構哲学的で、今読んだ方が心にグッと来るのかも。
さっき、家の本棚をみたら「ムーミン谷の彗星」「ムーミン谷の夏まつり」「ムーミンパパの思い出」の3冊がありました。
まずはそれから読みかえしてみましょうか・・・
  1. 2008/02/02(Sat) 21:38:33 |
  2. URL |
  3. @みかづき #-
  4. [ 編集]
→booshinoさん

わお!booshinoさんもスナフキン大好きなんだね。
理想の男性の一人がスナフキン・・・
わかりますよ~~。
で、他の理想の人はどなた?聞きた~~い。
スナフキングッズもたくさん持ってるなんて、
うらやましいなあ。
booshinoさんのコレクション見せていただきたいわあ。

え?毒舌のミィに似てるの?うふふ。
booshinoさんとおしゃべりしてみたい~楽しそうだあ。(^u^)プププ

そうだねえ、ムーミンの恋人はノンノでしたねえ。
原作は「スノークのお嬢さん」ってなってたよ。
フローレンになってたの?
そういえばスノークフローレンってなっていたような・・・
わあ、アニメも見てみたくなりましたよ~。

ところで、遅くなりましたが、次男ちゃん、お誕生日なのね。
実は私も義妹も今日が誕生日なの。
それだけでとっても親近感だわ。
本当におめでとう!!
今夜はお誕生会したのかなあ。
きっと盛り上がっただろうね。
すばらしい一年になるね。
元気にすくすく育ちますように。
  1. 2008/02/02(Sat) 21:51:52 |
  2. URL |
  3. ともちゃん #0VjAYkvw
  4. [ 編集]
ウフフ・・・
懐かしいな♪
それにしても、このスナフキンよく描けてるよね。

ともちゃん、釣りをしているスナフキンも描いてー。
おねがい。
  1. 2008/02/02(Sat) 22:14:56 |
  2. URL |
  3. 釣志(ちょうじ) #XEt6DIL.
  4. [ 編集]
スナフキンいいねー
私の好きなのはやっぱムーミンだけど、
スナフキンが魅力的なのはすっごい分かる。
フィンランドのムーミンワールドに行ってみたいわん。
物価はかなり高いみたいだけど・・
  1. 2008/02/02(Sat) 22:26:58 |
  2. URL |
  3. ako #-
  4. [ 編集]









:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。