RSSリーダー
絵本とiTunesな毎日 - それでもボクはやってない
絵本や音楽,雑貨など かわいいものや癒されるものが大好き!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:スポンサー広告
  4. |
それでもボクは

満員電車で痴漢に間違われ、捕まえられた主人公。
彼は一貫して「自分はやっていない」と訴えるのだけど。

一度疑われると
それを払拭するのは
こんなにも難しいのか。

最初から犯人と決めつけて取り調べをする警察も
出された証拠だけから有罪か無罪かを決める裁判官も
何だかみんな恐ろしい。

人が人を裁くって本当に怖いことだなあと
しみじみ思いました。

一般の私たちも参加しなくてはいけなくなる
裁判員制度って、実現したらほんと怖いなあ。

思いこみを捨ててまっさらな気持ちで双方の話を聞かないと
本当に無罪の人を有罪にしてしまうことになりかねない。
(逆もまたありなん。有罪の人を無罪にしてしまうとか)
一人の人の人生が、いやその人の家族の人生も、
その裁判にかかってくるわけだから、本当に怖い。


それにしても、この映画、ものすごくリアル。
私は、ずっと主人公役の加瀬くんと、心がシンクロして
すごく辛かった。
「やってないったらやってないんだ~~~!!!」


そして、やっぱり、加瀬くんの母親役である、
大好きな女優さん「もたいまさこさん」が
いい味出していて、あたたかくて、本当に良かった。


機会があったら是非見て欲しい、オススメの映画でした。
たぶんそのうちテレビでも放送になると思います。


ともちゃん

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:映画
  4. | コメント:15
  5. |
コメント
おいらも観ましたよ、この映画。
いろいろ考えさせられる内容ですね。
世の中には、罪を犯しても裁かれない人だって沢山いるのに、
無罪の人が有罪にされてしまうなんて・・・。
だから「キラ」の裁きわ始まったのです。
って、・・・「デスノート」の話に切り替わっちゃった(笑)。
おいらもね、満員電車に乗る機会が多いけど、
意識的に手を上に上げてます。
勘違いされたら嫌だもん・・・。
そして、時に思うのわ、
過剰に反応し過ぎる女性も多いな、って事。
ともちゃんわどう思いますか?
  1. 2008/02/20(Wed) 16:29:33 |
  2. URL |
  3. モヒロ #-
  4. [ 編集]
こんばんは、ともちゃん。

『それでも僕はやってない』
是非に観たかった映画だよ。

無罪なのに、それを立証する素材がない、ということは、なんて怖いことなんだろう。
何もしてないのに。

今日も現実にそういう事件があったみたいよね。
飛び降りた彼は痴漢を本当にしたのかしてないのかわからないけど。

裁判員制度が始まる前に、色々なケーススタディをみることも必要かな、って思ったよ。

機会を作って是非、観てみるね。

  1. 2008/02/20(Wed) 20:54:58 |
  2. URL |
  3. cloud #8kXIh0Eo
  4. [ 編集]
こんちわ
ホント、こんなことが自分の身におこったら、
と思うと怖いですよね。
観てみたいと思っていた映画のひとつです。
男の僕としては人事では済まされない可能性も
ないわけじゃないですからね。
  1. 2008/02/21(Thu) 00:03:08 |
  2. URL |
  3. sey #i7ldMvBg
  4. [ 編集]
こんにちは。
今の裁判の一番の問題は加害者の話は聞くけど、殺された被害者の言葉は聴けないという事だと思います。加害者がちょっとでも反省の言葉を言うだけで情状酌量されてしまいますから。
被害者がどんな残忍な方法で殺害されたか、話す機会があれば、きっと判決も変わっていると思います。
  1. 2008/02/21(Thu) 11:48:19 |
  2. URL |
  3. 君平 #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]
満員電車での痴漢行為・・無くなりませんね。。
uriboも、若かりし日に大阪に出張で行ってた時
痴漢に遇いました。。めっちゃ怖かったです。。
でも、反対にちょっと当たっただけで間違われる事もあるし・・
男性の方にとったら迷惑な話でもあるでしょう。。
男性の方は、いつもバンザイしてないといけませんね。。
 
この映画、TVでやったらぜひ観てみたいと思います!
  1. 2008/02/21(Thu) 17:31:47 |
  2. URL |
  3. uribo #G2UhpZEg
  4. [ 編集]
知り合いが言ってたんだけど、この映画は
ある意味ホラー映画だよねって。
裁判員制度どうなるんだろうね。
自分が選ばれたらどうしようって思うよ。
YesかNo、黒か白かをはっきり主張する
人が少ない国だと思うので、裁判員制度が本当に導入
されるって聞いた時はびっくりした。
この映画観てみるね。
  1. 2008/02/22(Fri) 01:25:04 |
  2. URL |
  3. ako #-
  4. [ 編集]
→モヒロさん

モヒロさんも観ましたか。
なるほど・・・だから「キラ」の裁きが始まったのか・・・(爆)

>満員電車に乗る機会が多いけど、
>意識的に手を上に上げてます。

それが賢明だと思います。
間違われて捕まえられたらほんとしゃれになりません。

ああ、過剰に反応する人もいらっしゃるでしょうねえ。
まあ、多かれ少なかれ、
女性は少しでもさわられた感覚があると「え?!痴漢?!」と疑ってしまうかも。

まったく、本物の痴漢がいるせいで、
何にもしていない男性までもが疑われて
キツイですよねえ。

とにかく疑われないように女性のそばには極力行かない。
そして、お手々は上ですね。
・・・疲れそうですね・・・ふ~。


  1. 2008/02/22(Fri) 05:58:40 |
  2. URL |
  3. ともちゃん #0VjAYkvw
  4. [ 編集]
→cloudさん

おはよう、cloudさん。

ほんとだよ。
確固たる証拠がないと、無罪だと認めてもらえない。
疑われないような行動をとらないと、
本当にやってないのに信じてもらえない。

似たような事件があったんだね。
知らなかったよ。
本当に辛いなあ。

>裁判員制度が始まる前に、
>色々なケーススタディをみることも必要かな、って思ったよ。

ほんとその通りだね。
いろんなことを客観的に多方面から見れるように
しておかないと、
ほんとついて行けなくなりそう。
主観や直感、思いこみだけで人をみちゃうと
誤った判断をしてしまいそう・・・
ほんと、怖いね。

  1. 2008/02/22(Fri) 06:17:05 |
  2. URL |
  3. ともちゃん #0VjAYkvw
  4. [ 編集]
じゃあ誰なんだ
冤罪、あってはならないことだけれど、
犯人が誰かはっきりさせて、その人を排除して、
だから、世界は再び安全なところなんだと思いたい気持ちが
冤罪を生むのかな。

濡れ衣を着せられた人は確かにムチャクチャ気の毒なんだけど
(無罪放免でも周りの目は冷たいらしい)
じゃあ、真犯人は誰なんだ!!!って思っちゃいます。
被害者は、確かにいるのに報われないよねって。

痴漢、過剰に反応する人もいるのかな、この頃は。
少なくとも私が若かりし頃は、怖くて恥ずかしくて
声を上げられない人が大半でした。
私? 私は仕事してから人が変わったからねぇ、闘いましたさ!
でも、ちょっと当たってるくらいじゃ言わなかったな。
コイツは確実に撫で回してる!!とか、
足の間に自分の足をぐいぐい入れてくる!!とか、
空きまくってる電車なのにわざわざ隣に来て手を伸ばしてくる!!とか
そう言うときは、容赦しませんでした。
どのくらい容赦しなかったかって?ふふ。知らぬが花です。^^
  1. 2008/02/22(Fri) 09:56:04 |
  2. URL |
  3. 各務 史 #HRggnf8A
  4. [ 編集]
ごぶさたです。
どうしてともちゃんが、主人公とシンクロしたのか、に興味アリ。
それだけリアリティのある映画ってことなのかしら。

裁判員制度は、とてもいいことなんでしょうけど、
自分があたったらどうしようって、思いますよね。
正しい判断なんて、できるのでしょうかー。

  1. 2008/02/22(Fri) 14:58:24 |
  2. URL |
  3. shiolly #XR.9FLKA
  4. [ 編集]
お久しぶり。
この間、テレビで観たよ。

すごく難しい内容だと思った。
映画自体の内容ではなく、裁判ということに。

よくある刑事ドラマだと、犯人を追い詰める側、犯罪を立証することを描いているけど、この映画は逆。

無罪を立証しなければはなない。

無罪を立証することはどうしてこんなに難しいのか。

証拠?そんなものはどっちもないよ。
言葉の言い合いのみ。悪い言い方だと揚げ足の取り合いのように感じたね。

裁判官が有罪に力を入れているか無罪に力を入れているのかでも大きく左右するね。
この映画で裁判官が変わる前後でそれを言っているように私は感じたよ。

国内でも死刑制度について同じようなことをやってるよね。すごく頭にくるよ。これ以上は、ここでは私の意見は控えるね。

もうひとつは、警察官の取調べと弁護士からの示談へ誘いについても問題視していると感じたよ。最近は録音もするようなことも話では聞いてるけど、どこまで本当なのかね。恐いね。

いずれにせよ、ほとんどの人が裁判自体良く知らないし、どんなことをするのか聞かれるのかも知らない、詳しい法律や権利も知らない。裁判に関わる仕事をしている人達しか詳しい内容は知らないと思う。そんな一部の人達の利益のために裁判があるのだとしたら理不尽でたまらない。・・・・と私は勝手に思いました。


男性の意見、女性の意見、家族や親類、友達の意見、テレビや新聞を見てる人の意見、色々あると思うけど・・・



ごめん。何を書いてるかわからなくなちゃったよ。
ホント難しい映画だね。
  1. 2008/03/03(Mon) 20:23:36 |
  2. URL |
  3. ベロ #-
  4. [ 編集]
コメントありがとう1
→seyさん、君平さん、uriboさん、akoちゃん

コメントありがとうございます。
seyさん、3/1のテレビ見ました?映画やっていたんですよ。ほんと、どんな男性もなりえるような感じでした。人ごとじゃないですよ。疑われないような行動をとるしかないでしょうね。ほんと、怖いお話です。
君平さん、ほんとうにね、死人に口なしって言うけど、加害者の証言だけになってしまいがちですよね。被害者の話も聞けたらほんと変わってくるでしょうね。
uriboさん、女性にとったら本当に怖いし、不快だし、腹ただしいですよね。男性の方は疑われないようにバンザイしかないですよね。まったく、犯人が一番頭に来る。そういうことする人がいるからみんな迷惑するのよね。
akoちゃん、ある意味ホラー映画って言うのすごくよくわかる。こんな状態で何にも知らないのに裁判員制度導入されたら、ものすごく責任を感じるよ。

コメント本当にありがとうございました。


  1. 2008/03/03(Mon) 22:35:59 |
  2. URL |
  3. ともちゃん #0VjAYkvw
  4. [ 編集]
→史さん

コメントありがとう。
お返事遅くなってごめんね。

ほんとね、一番悪いのはその犯人で
何でその人が捕まらないで、
罪のない人が捕まってひどい目に合わせられなきゃいけないんだろう。

ただ捕まっただけで、疑いをかけられただけで、
やっぱりまわりの目って違ったりするでしょ?
竹中直人がやった管理人、「なんとなくおかしいと思ってた」みたいなこと言うでしょ?
あんな感じで一般の人って言っちゃってるんじゃないかなあって。
証拠もないのにね。

え?史さん、容赦しなかったの?
どのくらい?
怖いけど聞いてみたい(爆)
でも犯人にはそのくらいしなきゃね。
・・ってだからどのくらい?うふふ。


  1. 2008/03/04(Tue) 16:40:05 |
  2. URL |
  3. ともちゃん #0VjAYkvw
  4. [ 編集]
→shiollyさん

うんとね、やっぱり、
それだけリアリティのある映画なのよ。
私は女性だけど、主人公と一緒に
「だから、やってないって」って言っちゃいたくなる。
あまりにもひどくて。

裁判員制度、私は怖いです。
結局人の主観でみるわけで、
絶対にそれが正しいというわけではない。
証拠全部を見せられるわけでもない。
与えられたものの中だけで無罪か有罪かを判断しなくてはならない。
人を裁くことが私に出来るか。
怖くて出来そうにありません。
  1. 2008/03/04(Tue) 16:44:32 |
  2. URL |
  3. ともちゃん #0VjAYkvw
  4. [ 編集]
→ベロさん

お久しぶり。
ほんと、難しいね。
いろんなことを考えさせられちゃったね。

無罪を立証するって本当に難しい。
だって、有罪だってことを前提に捜査してるし、裁判してるし。

どちらも裁判に勝つためにやっていて、
真実に導こうとは思ってない気がして。
無実なのに無実を認めてもらえない悔しさ、
プライドも傷つけられて。
それでも無実だと言い続ける、闘い続ける。
もう、それは人としての尊厳を守りたい、
その一心のような気がする。

痴漢だけじゃなくて
どんな罪でも
冤罪を科せられる可能性はあるわけだよね。
本当に怖いなあと思ったよ。

人が人を罰するというのは本当に慎重にやってもらわないと、
たくさんの人が傷つくね。
裁判員制度、大変なことだよ。

私もいろいろ考えさせられた映画でした。
  1. 2008/03/04(Tue) 16:58:38 |
  2. URL |
  3. ともちゃん #0VjAYkvw
  4. [ 編集]









:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。